10月12-15日は休診となります。病児保育もお休みします。

一般診療

一般診療

子どもの皮膚疾患

 皮膚の病変は多彩です。人間は生まれてすぐに外界にさらされます。皮膚は外界との接点であり、皮膚と外界との攻防や、皮膚の外界への順応など様々な反応が皮膚では起こります。  多くの子どもは生まれてすぐからポツポツとした発疹が生じ...
一般診療

解熱剤は使ったほうが良いの?

解熱剤の作用とその使用について  解熱剤は、その名の通り熱を下げてくれる薬です。通常、小児にはアセトアミノフェンという薬物を使用します。本来、小児に安全に使用できる薬ですが、本剤は病気を治す薬ではありません。したがって、近年...
一般診療

食欲が出ない、体重が増えないのはなぜ? 

 子どもは、よく食べて、よく動き、よく寝る生き物です。健康な身体のためには、健康な食事は不可欠です。体重の増えが悪かったり、食欲がない場合は、何か病気が原因であることもあります。まずは早めに気軽にご相談ください。  小さな子どもにと...
一般診療

低身長って病気なの?治るの?

 低身長の原因は、病気であったり遺伝によるものであったり様々です。学校の健診で身長が低いなどで引っかかった場合はまず病院受診をしましょう。  病的な低身長が疑われる場合には、まず血液検査やレントゲン検査をおこないます。場合に...
一般診療

ケガで注意すること

 ケガで注意することは、骨折をしていないか、見えないところで出血をしていないかどうかです。頭を打った場合はとくに注意が必要です。心配であれば病院で診てもらいましょう。とくに意識状態がおかしい場合や何回も嘔吐している場合などには脳の...
一般診療

肥満をなんとしても改善したい!

 肥満は身体にとって多くの弊害を起こすことが分かっています。糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧など、生活習慣病(成人病)と言われるものたちです。しかし、近年は昔と違い食事環境が恵まれているため、子どもでも生活習慣病になってしま...
一般診療

誤飲で注意すること

 子どもはいろいろなものを口の中に入れます。それは、口が最も敏感な感覚器であるため、口で物を認識しようとしているからです。異物を飲み込んでしまった場合の対応は、飲み込んだものによって様々です。まずは小児科医による診察を受けましょう...
一般診療

咳・鼻水

 咳、鼻水は小さい子で最も多い症状だと思います。ずっと咳や鼻水をしていて心配というような子もいるかもしれませんが、大抵の場合は治ってまた風邪をひいてを繰り返しています。しかし、アレルギー性鼻炎が治らない場合や、気管支喘息だったとい...
一般診療

頭痛

 頭痛はよくある訴えですが、いざ自分の子どもが頭が痛いというと、とても心配になります。とくに小さな子どもは自分の症状をうまく言えないため、心配になります。  たまに頭痛がするといっていても、元気に遊んで忘れてしまうような頭痛...
一般診療

腹痛

 お腹にはいろいろな臓器があるので、腹痛の原因は様々です。その中でもとくに注意しなければならないのは、虫垂炎、腸重積、女の子の場合は卵巣捻転、男の子の場合は精巣捻転などです。これらが疑われる場合にはすぐに病院に行きましょう。 ...
タイトルとURLをコピーしました