2月16日(金)および3月13日(水)は院長出張および職員研修のため臨時休診日となります。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

インフルエンザになった方へ

気を付けたい合併症

こどもがインフルエンザになったとき、気を付けていただきたいことがあります。それは、インフルエンザ脳症や肺炎の合併です。意識障害や痙攣(けいれん)がある場合にはインフルエンザ脳症の可能性があるため、すぐに病院を受診しましょう。また、熱が長引いて咳がひどくなってきている場合は肺炎を合併している可能性があり、肺炎の治療が必要になる場合がありますので、早めに受診してください。

出席停止期間

インフルエンザにかかってしまった場合、他人への感染を防ぐ目的から、学校や園をお休みしなければなりません。学校と保育園・幼稚園で療養期間が多少異なるので注意してください。
 なお、インフルエンザはコロナと違い、家族であっても濃厚接触者としての自宅療養は必要ありません。
*情報の信憑性には万全を期しておりますが、心配な場合は各自治体や厚生労働省等の発表も参考にしてください。よろしくお願いいたします。

未就学児の場合:

発症日を0日として、5日目までは出席停止となります。また、登園前のまるまる3日間は解熱している必要があります。朝熱があってその後に解熱した日は発熱日と考えます。

赤パンダは発熱、黄パンダは解熱、黒パンダは平熱、黄色い園舎マークは登園可能の初日になります。

小学生以上の場合:

発症日を0日として、5日目までは出席停止となります。また、登校前のまるまる2日間は解熱している必要があります。朝熱があってその後に解熱した日は発熱日と考えます。

赤パンダは発熱、黄パンダは解熱した日、黒パンダは平熱、黄色い学校マークは登校可能の初日になります。